靴の手入れの頻度について

気に入っている靴をできるだけ長く履き続けるためには日頃からしっかりとしたお手入れが必要になります。しかし、毎日のように手入れをしなければならないとなると、さすがに時間のない日は大変な作業になってしまいます。
そもそも知識のない人たちにとってはどのくらいの頻度で靴を手入れしたらいいのか分からないという人もたくさんいます。まずは長く履き続けるために靴の手入れはどの程度の頻度で行えばいいのかご説明します。

まず、基本的にどのような製法の靴であっても本格的な手入れは毎日しなくても良いと言われています。しかし、時間のかからない手入れは毎日しておいた方が良いでしょう。
例えば一日履いた靴はシューツリーを入れることが大切だと言われています。シューツリーを活用する理由としてはシワを伸ばすということが目的ですので、できる限り毎日靴に入れるようにしましょう。
また、ブラシで汚れを取り除く程度のブラッシングは毎日した方が良いため、帰宅時には軽く磨くようにしましょう。この二つの手入れを毎日やるだけでも長く履き続けることができます。時間も数分で終わることなので毎日やっても大変な思いになることはありません。

では、続いてワックスなどを付けて本格的に手入れをする方法ですが、大がかりな手入れを行う目安としては細かなキズがある場合や色落ちが発生した時などに行うといいです。

このように、頻度は靴の状況によって異なりますが、基本的には毎日の簡単な手入れは忘れないようにしましょう。このサイトでは靴の手入れについての豆知識を紹介します。