雨で濡れた靴の手入れ方法

梅雨や夏の時期などは急な雨が降ってきたりするので靴が雨で濡れてしまうことがあります。そのまま放っておくと汗ジミが出てきたり、白いシミができたり、皮が固くなったりと劣化してしまいます。毎日の手入れは基本的にシューツリーを入れてブラッシングをするだけで十分ではありますが、雨で濡れたあとの靴は普段よりしっかりめに手入れをする必要があります。

今回は濡れてしまった靴の手入れ方法についてを紹介します。まずはタオルや新聞紙といった水分を取り除くことができるものを用意します。そして、手入れに必要や保湿クリームや消臭スプレー、今後の雨予防に防水スプレー、そしてシューツリーも用意すると良いでしょう。

これらは手入れの際に頻繁に使用しますので、きちんと常備しておくようにしましょう。手入れの手順として大まかに説明をしますが、まずはタオルや新聞紙を使用し、水分をしっかりと取り除くようにしましょう。その後は陰干しをして水分を完全に取り除きます。

乾いたときには革の素材がザラザラになっている可能性もあるので、ツルツルにするためにも保湿クリームを利用して手入れをします。その後臭いが残らないように消臭スプレーを振りかけ、水をはじくように防水スプレーをかけたら完了です。

大まかな説明になりましたが、このように雨の日は普段よりも本格的な手入れが必要になります。長く履き続けるためにも正しい方法できちんと手入れをするようにしましょう。

セルフで手入ができない状態の靴は修理業者に依頼しよう